Interview with YOSHI47 – ARTWORK EXHIBITION at Sports Lab by atmos


YOSHI47

- 今回のEXHIBITIONを行うことになったきっかけは?

atmosさんから直々にアートショーやりませんか?という話しが 2ヶ月前くらいにあって、通常だと2ヶ月で、コンセプトを考えるのと、製作をするってのはかなりハードだと思ったんですが、自分自身がかなり冒険屋なの で、びびって引き下がるより、ぶっこんでみてどうなるか見てみたかったってのが正直なところあります。

- 今回のEXHIBITIONのコンセプトはありますか?

自 分自身の絵に対する軸となるコンセプトは、『陰と陽』です。時々『陽』が勝つ時があったり、『陰』を強く表現して、ものすごいダークな感じになるときもあ りますし。それぞれがバランスを取りながら共存する展示もしたりします。それが基本となって、今回は『人間の欲望=7つの大罪』になぞって、そんな世界で 生きる『モンスター=人間』を描こうと思いました。そんな『人間の欲望』の下で生きる世界を表現しようと思った時、世界を作るために、太陽、空、山、大 地、海というように順序を考えていきました。そして7つの大罪を含む太陽『Under The Seven Deadly Suns』をまずは創り上げ、その下にて生活をする96体の『モンスター=人間』を、『空』『山』『大地』『海』と上から順番に分けて創り上げました。
人間の表面から表れるたくさんの色『陽』の中に、人間の隙間『陰』を含ませている事に気づいて頂けたら幸いです。
そ れ以外では、今回は自分自身が初となる、インタラクティブ(相互性のある)な作品を作ろうと考えました。atmosのガラスで囲まれた空間を大事にしよう と思うのと同時に、透明アクリル版を使って、太陽の真ん中を透き通った形にすれば、みんなが写真をとって、みんなの顔が太陽になったり、目がかさなって、 みんながモンスターになったり。みんなが楽しく遊んでもらえるような空間ができたらなって思いました。あと、透明の作品を作ることで、奥行くなんかも広く 感じたり、ちょっと違った意味での3D感が感じてもらえれたらなって考えました。
あと、俺、時々雨男なんですよ。意外と。だから、それを予測して もし雨が降ったらおもろいなって事で、T-shirtにも傘のデザインをつけたんです。そうしたら見事に個展前まで雨が降ってて、みんな傘をもって会場に 表れるっていう。未来を見通しての良いアートコンセプトが入ったシャツになりました。
だから、今回、デザインも含めて、全てちゃんとしたアートコンセプトが入っている事が僕にとって、アート界にとってとても重要なんじゃないかなって思っています。

- アーティストになったきっかけは何でしょうか?

きっかけは、やっぱり絵が描けるってところからでしょうね。そこから、色んな人にあって、少しずつアートを勉強していって。歴史や表現方法など、たくさん自分で学びました。芸術って、おもしろいっすよ。

- バイクメッセンジャーとアーティストには何か共通項がありますか?(バイクメッセンジャーの魅力は?)

共 通項は『自由』ってところですかね。まあ、他の人も自由だとは思いますが、自由度がはんぱないと思います。なにをやっても良いってわけじゃないですが。 メッセンジャーの魅力は、立派に『1人前』になることができる職業だと思いますよ(日本のメッセンジャーに限る)。都会で、一人で走って、頭を使って、地 図ていう迷路を把握しながら走るし。アメリカでのメッセンジャーの魅力は、酒と★★★と、とりあえずぐちゃぐちゃってところですかね。200%自由みたい な。日本みたいに、自由には責任がともなうっていう考えじゃなくて、自由はどこまでいっても自由みたいな。今日死んでしまっても俺は後悔しませんみたいな 自由度っすね。これは語っても語っても分からないと思います。とりあえず、一言はっきり言えるのは、日本のメッセンジャーっていう存在は、どっかの大企業 で働いている、給料がっつりもらって中途半端な働きしかしてない奴により1000倍くらい魅力のある人間ばっかりです。みんな自分に対する責任感が強く て、有言実行だし。強いです。サンフランシスコのメッセンジャーの魅力は一言でいうと、『麻薬』っすね。やめられなくなって、楽しくて、毎日違って、ドラ マがあって、映画みたいで、メッセンジャーには喧嘩を売るなっていう暗黙のルールとか最強だし、でも、唯一怖いのは、10年後も同じ暮らしで、同じ事を繰 り返しているだけという事に気づくか気づかないか。それだけです。

- 日本のアーティストと世界のアーティストの違いはありますか?

アー ティスト人口が違う。日本は国土が小さいからしょうがないし、海外は国土がでかいし。土地の大きさに比例してるんすよね。あとは、みんなももちろん知って の通り、文化が違う。だから、作品の作り方も違う。だから、最近思うのは、日本からアメリカに移住してアートをやるのもいいと思うんですが、俺は日本を拠 点にやっていきたいなって思っていますね。やっぱり日本のアートの作り方は、繊細で、職人気質で、購入したいと思わせる価値観を『質』で勝負できるから、 そこはすごい誇れるところだと思います。あとは、歴史からも学べるように、日本は2Dが多いです。海外は3Dが多いです。未だにそれは変わっていないです ね。

- 今後の活動予定は?

29日、Levi’s x TSUTAYA代官山での、Bigfoot oneとのライブペイント。4月からは名古屋atmosにて個展、名古屋パルコLevi’sにてライブペイント、渋谷パルコにてグループ展、RODEO CROWNSのパーティーでライブペイント、AJ FOSIKとのコラボレーション企画展、大阪のミューラルペイント、とあるブランドとのコラボレーション、海外塗り絵出版、海外絵本出版、海外遠征や海外 での個展などなどめちゃくちゃありますね。

 

YOSHI47のオリジナルアート

YOSHI47 for atmosスペシャルコラボレーションアイテム

3/20(THU) YOSHI47 ARTWORK EXHIBITION at Sports Lab by atmos (Facebookページ)

YOSHI47
http://www.yoshi47.com/

Special Thanks

BLUE MOON
http://bluemoonbrewing.jp

Pioneer
http://pioneer.jp/cdj/

02

03

04

05

06